<全関団体>

第63代 樋ノ内健吾

失礼します。
3回生の樋ノ内健吾です。
今回の全関団体は久しぶりに4回生の先輩方が参加される団体戦になりました。
僕らにとってこの全関団体は、
全国公に向けて試すことができる、最後の公式戦と言うこともあり、
非常に重要な大会であったと思います。
結果としては、0-5で大阪体育大学に負けてしまいましたが、
各々が自身の課題とチームとしての課題を見つけ、
残り2ヶ月何を修正するべきか分かったと思います。
最後まで全力で努力し、全国公で結果を残せるように頑張ります。
以上です。失礼します。

第64代 内垣大晟
失礼します。2回生の内垣大晟です。
   今回の全関団体で、自分が感じたことは、強豪校と呼ばれる大学の選手は皆、間合いの取り方、入り方共に上手く、突きも自分とは比べ物にならないほど速く正確な突きでありました。更に、応援も観戦している人たち全員で応援するという、まさに一致団結しているかのように、大学全体で挑んでいるという印象が強かったです。全国公では、自分たち滋賀大学が全員で挑むという意志を持って臨むために、日々の稽古で声を出し、練習を盛り上げていきます。
   後残り2ヶ月半の期間の中で、自分が改善すべきだと感じたのは、間合いの取り方とステップです。間合いの取り方については、相手の間合いに入る時は中途半端な入りをすると、相手からのカウンターで点を取られてしまうことにも繋がるため、入る時は入る、フェイントをかける時はしっかりとカウンターに注意するなどして、無駄な動きをしないように、意識して練習していきます。また、ステップについては、膝を柔らかく使う、コート全体を使うなどの意識を持って、相手の動きに柔軟に対応できるように練習していきます。
以上です、失礼します。

第65代 北垣海人

失礼します。1回生の北垣です。
今回の大会では、各試合の決勝戦と団体形が行われるコートの係員を担当していた為、様々な試合を見ることが出来ました。
特に、間近でレベルの高い試合である決勝戦を全て見ることが出来たのは自分にとって大きな収穫になりました。強豪校は自分には無い、確実に技を決める技術と早いスピードがあり、高いレベルの力を知ることができた試合となったと思います。
今後の練習では、そういった自身の弱点を克服できるように細かい点にも気をつけながら練習に取り組んでいきたいと思います。
以上です。失礼します。

<練習試合>

第63代 友山大二朗

失礼します。3回生の友山大二朗です。
今日は大阪大学と合同練習を行いました。
格上との合同練習で部員全員がいい刺激を受けたと思います。練習後半の団体組手ではポイントの取れる部員が多かったので日頃の練習の効果が出ていて良かったです。
今回の合同練習で学んだこと、アドバイスされたことを忘れず今後の練習に取り組んでいきたいです。
以上です。失礼します。

第64代 仲田利輝

失礼します。2回生の仲田です。
大阪大学さんとの合同練習、練習試合は学ぶことしかないものでした。僕は攻め方で悩んでいたのですが大阪大学さんの攻め方が大きなヒントになったように思います。自分なりの形にするにはまだ時間が必要だと思いますが、いいきっかけをもらえたと思ってこれからの練習で試行錯誤していきたいです。
以上です。失礼します。

第65代 髙岡孝太
失礼します。
1回生の高岡孝太です。
今回の大阪大学さんとの合同練習では普段と違う相手と練習・試合ができ、新たな課題の発見や以前の課題の達成度などの確認をすることができました。また、大阪大学さんからアドバイスをいただくこともでき、普段気が付かない点を教えていただいたことで合同練習の大切さを改めて実感しました。今回発見・確認できた課題、いただいたアドバイスをまず全関団体に向けてしっかり身につけて自分の組手に活かし、全国公では目標を達成できるように頑張ろうと思います。
以上です。失礼します。

<夏合宿>

第63代 谷村 美紀

失礼します。第63代の谷村美紀です。今年は、大阪府立大学、福井大学、和歌山大学さんと合同合宿をしました。練習内容は、体力練と団体組手が中心となり、他大学の方と一緒に声をかけあい、皆良い雰囲気の中で自分を追い込むことができたと思います。 

 また、今回の合宿を通して、1回生部員の成長が目に見えて感じられました。攻めの組手で点を積み重ね、上回生に勝利する姿は非常に嬉しいものでした。それと同時に、全国公へ向けて、自身ももっと練習して強くなり、代表の枠を勝ち取りたいと心から思いました。

 合宿が終わり、次は大阪大学との練習試合、全関団体、正剛館、そして全国公があります。目指すべき目標は定まっているので、今回の合宿での課題と向き合い、レベルアップをしていきたいと思います。

以上です。失礼します。

 

第62代 仲田利輝
失礼します。2回生の仲田です。
今回の夏合宿は自分の限界に挑戦することができたとても有意義なものにすることができました。練習自体も去年とは違い試合をすることが多く色々なタイプの選手と戦うことができました。ここで見つけた、教えていただいた自分の得意技や弱点をこれから伸ばし克服して全国公までに作り上げていきたいと思います。
また和歌山大学、大阪府立大学、福井大学の方々との交流を絶やすことなく来年も合同合宿を開催できたらと思います。
以上です。失礼します。

 

第65代 柳田沙羅

失礼します。一回生の柳田です。
今回初めて、福井大学、和歌山大学、大阪府立大学との合同夏合宿に参加しました。4日間、体力練や組手の練習、練習試合をしてきて、心も身体も鍛えられたように感じました。他大学との練習試合を通しては自分の癖や直したい箇所を多く発見することができ、とてもいい経験になりました。いろいろな角度からの的確なアドバイスも多くいただき、充実した4日間を過ごすことができました。この合宿で学んだことを今後の練習や試合で活かしていきたいと思います。
以上です。失礼します。

<昇級・昇段審査>
第63代 樋ノ内健吾
失礼します。3回生の樋ノ内健吾です。
 先日、姫路にある本部道場にて、昇級昇段審査が行われました。
僕自身現役最後の昇級昇段審査だったのですが、
改めて基本の重要さを実感させられる審査になりました。
というのも、基本への理解度がそのまま組手、形の技の質に繋がっていることを理解したからです。
今後は基本の重要性にも目を向けて、日々の鍛練に取り組もうと思います。
以上です。失礼します。

第64代 田代遥
失礼します。二回生の田代です。
今回の昇級昇段試験は、自分にとって初めてセーパイをする場となりました。本番では焦ることもなく、練習通りの型をすることができたものの、型の意味を理解していない、表面だけなぞったような型だと指導を受けました。練習では順番を覚えるのに精一杯で、細かいところまで修正できなかったことが原因に挙げられます。次回の試験に向け、精度を上げたいです。
約束組手は、昨年も経験したことがあり、スムーズに行うことができました。次回は動作が増えるので、形の確認を怠らないよう、練習に臨みたいです。
以上です。失礼します。

第65代 福江桃李
失礼します。一回生の福江です。私にとって人生で初めての昇級昇段審査でした。
非常に緊張しましたが、形、約束組手共に少しのミスはあったもののやり切ることができました。
それは、先輩方から丁寧に何度も指導していただいたおかげです。
今回先輩や正剛館の先生方に教わったことを来年の新入生への指導や、次回の自身の昇級昇段審査に活かしたいと思います。以上です。失礼します。

<関西学生空手道オープントーナメント>

第63代 川井涼暉

失礼します。3回生の川井です。
オフ明け初めての大会でした。
前回の大会よりも調子が良くなってきている選手も多くいたように思います。
また、本年度より形の試合も加わりました。12月にある全国公を見据えて、組手はもちろん形でも他大学に勝てるように、練習内容をより充実させていきたいと思います。
以上です。失礼します。

 

第64代 田代遥

失礼します。二回生の田代です。
今回はオフ明け後、最初の大会となりました。私自身としては、突きで多く点を取ることができ、昨年のオープン大会と比べ成長したことを実感しました。今後の練習では、さらに突きの速さ、精度を上げるよう取り組んでいきたいです。
また、今回は2分フルタイムの試合だったため、後半まで体力が持たないことを実感しました。部の練習方針で、基礎体力の向上を目的としたランニングを行なっているのですが、まだ試合には生かされていないと感じます。来週には夏合宿が控えているので、その点も視野に入れ、練習に参加したいと思います。
以上です。失礼します。

第65代 福江桃李
失礼します。一回生の福江です。今回の大会は夏季長期オフ明け最初の大会でした。今回の大会で自ら掲げた目標は、受け身になることなく自分から積極的に攻め、一点を取るということでした。結果としては、自ら積極的に攻めることはできましたが、点数につなげることが出来ず試合自体も負けてしまうという大変悔しい結果となってしまいました。一点を取ることの難しさを痛感したので、今回の大会で実感した問題点をどうすれば改善でき、一点を取るために必要なものは何かを考えながら練習することで、次回の大会こそ一点をもぎ取り、勝利したいと思います。
以上です、失礼します。

<滋賀県民体育大会>

第63代 刑部真依

失礼します。三回生の刑部真依です。
オフ前最後の試合ということで、自分が幹部になって約半年の成果が活かせる場だと思いました。私の初戦の相手は仏教大学の選手でした。負けてしまいましたが、裏回しで一本を決めることが出来たのは大きかったです。蹴りについてはもう少し精度を上げていきます。全国公に向けての私の一番の課題はやはり突きの方だと感じました。オフになる前に自分の改善点をまとめておきたいです。
以上です。失礼します。

第64代 櫻井綺乃
失礼します、二回生の櫻井です7/2(土曜日)に滋賀県民体育大会に出場しました。
上段突きを自分の得意技としたいと思い普段の練習から意識していましたが、試合では出せた突きの数自体少なく上段突きで点を取ることも出来なかったので、これからの練習ではそこを改善できるよう取り組みたいです。
また、蹴りに苦手意識を持っていて実践形式の組手ではあまり出来なかったのですが今回の試合では上段蹴りで点を取ることが出来て良かったです。
夏のオフまでの残りの練習も頑張っていきたいと思います。
以上です、失礼します

 

第65代 福井新大

失礼します。一回生の福井です。
今回の大会は私たち一回生のデビュー戦となりました。
未経験者で空手を始めた女子2人にとってはコート上の空気感と試合の中での緊張感を肌で感じとってくれたと思います。
私自身、約2年ぶりの試合であったため抑えきれない高揚感の反面、これまで培ってきたキャリアがありプライドが邪魔してこの日まで思うように練習が出来ず不安な気持ちを抱えたままでした。結果としては優勝できましたが現状の実力に満足しておりません。まずは全盛期の頃の自分に戻す事、そして11月の全国公に向け更にレベルアップを目指し日々の練習に取り組んでいきたいと考えております。
また大会当日も腰の調子を気遣って下さったり、激励のお言葉を頂けた多くの先輩方、大変力の源になりました。感謝で一杯です。今後とも宜しくお願い致します。
以上です。失礼します。

<滋和戦>

第63代 友山 大二朗

失礼します。3回生の友山大二朗です。
今回の滋和戦は和歌山大学で行われました。
初日は各回生ごと懇親会を行い、今まで以上に親睦を深められたと思います。
2日目は滋和戦本戦で、形では各回生大きなミスをすること無く、先輩からもお褒めの言葉を頂いたので、とても良い形が出来たと思います。
組手に関しては5勝2敗で勝利することが出来ました。
自分たちが今まで練習してきた技を試合で出すことが出来ていたので良かったと思います。
しかし、審判の方々に突きが雑だったり、まっすぐ突けていないという指摘があったので、今後は一本一本決めるつもりで練習に取り組んでいきたいと思います。今後も滋賀大学、和歌山大学ともに切磋琢磨し、お互い良い刺激をしあっていきたいです。
以上です。失礼します。

第64代 梶本 紗貴
失礼します。
2回生の梶本です。
私は今回の試合に出ることが出来ませんでしたが、観客側からでも白熱した試合であることを肌で感じました。1回生から4回生まで幅広く様々な戦い方を見ることができました。勝つことが出来たのは、先輩方の戦略にあると思います。この技を使いたい、使った後はどうでるか、この人と対戦相手だったときはどうするか、どの順番で試合に出るかなど隅々まで考慮されていました。今回の試合を踏まえ、私事ではありますが、来週の試合の対策を立て先輩方、後輩のように勝利したいと思います。以上です。失礼します。

第65代 髙岡 孝太
失礼します。1回生の高岡孝太です。
6月24日、25日に和歌山大学にて滋和戦が行われました。
結果は滋賀大学の勝利に終わりました。ぼく自身も、しっかりと相手の動きを見切ってから攻撃できたので勝つことができ、チームの勝利に貢献できて良かったです。
試合後の懇親会では、滋和ともに先輩後輩関係なく交流ができ、それぞれ交流の輪を広げることができたと思います。今後も和歌山大学さんとの仲を深め、お互いに高めあえる関係を続けていきたいと思います。
今回の滋和戦で、新たな個々の課題が見つかったと思います。今回見つかった課題、以前からあった課題を確実に修正し、今後の試合につなげていきたいと思います。
以上です。失礼します。

<陵空会>

第63代 樋ノ内健吾

失礼します。
3回生の樋ノ内健吾と申します。
今回で3回目のOB会となりました。
しかし、幹部として迎える今回のOB会は、今までの過去どれとも違う緊張感がありました。
仕切らなければならないのはもちろんのこと、OBの先輩方に自分達の一年間の頑張りを見せなければならない、と言うことを幹部になり改めて認識したからです。
また、懇親会を通して、先輩方が考えていたことを知ることができました。
自分達も絶えず考え、部の目標を達成できるように日々精進していこうと思います。
以上です。失礼します。

 

第64代 小田切隆二

失礼します。2回生の小田切隆二です。
先日のOB会では先輩方のたくさんのご参加ありがとうございました。
私にとってOB回は2回目ということであり去年よりも余裕を持った心持ちで今回のOB会に挑むことが出しました。あれほど多くの空手道着を着た人が道場に集まり一緒に空手をすることは私にとって滅多にない機会でありました。打ち込みの時から道場には活気が溢れ、特に現役対OB戦ではたいへん盛り上がりを見せ、現役の部員もOBの先輩方も誰もが空手を楽しむことのできた瞬間だったと感じています。
演武会では先輩方の気迫や技術を身をもって体感し、懇親会では空手道部の歴史や先輩方のかつての空手道に対する姿勢のお話を聞かせて頂きました。その中で私は日々の練習の中で自分に足りていない点を多く発見し、これからの練習の課題を発見していくことが出来ました。
これからの日々の練習に励み、さらに活気溢れる空手道部になって来年も先輩方と空手を楽しみたいと私は考えております。
空手道部をこれからもよろしくお願い致します。
来年も多数の先輩方のご参加をお待ちしております。
以上です。失礼します。

 

第65代 柳田沙羅

失礼します。1回生の柳田です。
私は今回、1回生として初めてOB会に参加させていただきました。総会、演武会、懇親会と盛り沢山なスケジュールの中で多くのOBの先輩と関わり、とても充実した時間を過ごすことができました。また、OBの先輩方の応援とご支援があって初めて空手道ができるということを改めて実感する一日となりました。この経験を心に刻み、これからもより一層日々の稽古に全力で励んでいきたいと思います。
最後になりますが、OB会に足を運んでいただきありがとうございました。また来年のご参加お待ちしております。
以上です。失礼します。

<西日本空手道選手権大会>

 

第63代 井上旺

失礼します、3回生の井上です。
代替わりしてから初の団体戦という事で選ばれた選手は気合いが入っていました。今回の団体戦は点が取れる技があまり出せていなく守りに徹している試合が多かったので攻めの空手にも変化できるようその点を練習に反映していこうと思います。次の選考は僕が選ばれる様に頑張ります。
以上です失礼します。

第64代 内山祥一
失礼します。2回生の内山です。
今回の関西団体で初めて団体戦に出させていただきました。試合を終えて感じたのは、これまで応援させていただいていた先輩方のようにかっこよくなりたいと言う気持ちでした。そのためには、もっと積極的に技を出し、格上の相手でも攻めの姿勢を見せて行くのが大事だと思いました。
僕は反撃を恐れて、上段突きを出すのに躊躇しがちなので、これからの練習で恐怖に打ち勝つ精神と拳を突き出せる思い切りの良さを身に付けたいと思っております。
以上です。失礼します。

第65代 福江桃李
失礼します。一回生の福江です。
今回の大会を応援させていただいて、初めて他の大学の方達の試合を見させていただきました。先輩方や、トップレベルの選手の方達の試合を見て大変勉強になり、普段の練習をどのように試合で活かすことができるのかを考える良い機会になりました。練習してきたことを試合で活かすことができるようになるには大変な努力が必要だと思うので、身を引き締めて頑張っていこうと思います。
以上です、失礼します。

<滋賀県空手道選手権大会>

第63代 中野優希
失礼します。
3回生の中野です。
今回の県大会は久しぶりのメンホーありの組手でした。今回は点を取れなかった人も旗が結構上がっているのが見られたので良かったと思います。各々見つかった課題があると思うので、関西団体に向けて克服していってほしいと思います。
以上です。
失礼します。

第64代 内垣大晟
失礼します。2回生の内垣大晟です。
今回の大会では、前回の関西個人での反省を活かして、自分から仕掛ける組手を意識して臨みました。しかし、相手とのレベルが違いすぎて、自分が考えていた組手が出来ないまま負けてしまいました。
大学から空手を始めた自分が長年空手をしている相手に対してポイントを取るためにはどうしたらいいのか、考えながら練習をし、次の大会ではポイントを取れる組手が出来るよう精進します。
以上です、失礼します。

第65代 北垣海人
失礼します。1回生の北垣です。
空手道部に入部して、初めて大会の応援をさせていただきました。私は、先輩方の勝つという強い思いや気迫を試合前から強く感じました。
私が試合を応援している中で、自分自身が試合の場に立った時に、先輩のような形や組手をすることができるのかと疑問に思いました。その上で、この大会で、大会に出場している選手と自身の力を比べた際、自身の力の無さを改めて感じた大会でした。
組手の試合では、先輩方が出場している試合だけでなく、様々な試合を見て、技の組み合わせや戦い方などたくさんのことを学ばせていただきました。
この大会で学んだことや感じたことを自分自身が大会に出場した際、勝つことができるようにこれからの練習に生かしていきます。
以上です。失礼します。

     <新歓マラソン>

 

第63代 谷村美紀

失礼します。3回生の谷村美紀です。

今年のマラソン大会は、雨天のため体育館での別競技となりました。
体育館での開催は、初めてのことで当初は盛り上がるかなと不安でしたが、競技がスタートすると部員は皆本気で競技に挑んでいました。
体育館で行われた競技は、個人種目でしたが、部員間で作戦を考えたり、励ましあったり、良い雰囲気でした。
1回生も、空手道部に少しずつ慣れてきている様子で安心しました。
5月、6月は、大会や行事がこれからも続きますが、一つ一つ真剣に向き合っていこうと思います。
以上です。失礼します。
第64代 山下夏生
失礼します。2回生の山下夏生です。
今年の新歓マラソンは雨天のため中止になりしっぽ取りおにごっこに変更になりました。私は怪我のため参加できなかったのですが、そのぶん全員のしっぽとりをする様子を見ることができました。個人戦ではあるものの部員で協力し合っていて、空手以外で協力して何かをやる機会は少ないと思うので新入生と上回生の距離が縮まったように思います。
また、これから様々な行事や大会が多くありますが、2回生になったので3回生をサポートしつつ1回生の見本となれるよう、頑張って行きます。
以上です。失礼します。
第65代 福井新大
失礼します。一回生の福井です。
本日の新歓マラソンは生憎、雨天となり屋内での競技へと変更されました。例年のように伝統あるマラソンは行われなかった事は非常に残念でしたが、体育会主催のこの行事を機に私たち一回生が正式に部活動へと加入する事を身に染みて感じたのと同時に、一人一人が部の一員である事を自覚し誠意ある行動をとらなければならないと認識させられる良い機会になりました。空手道部の先輩方から沢山の事を学び、吸収し、そして行動できるよう我武者羅に努力していきます。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
以上です。失礼します。

 

<新歓合宿>

 

第63代 川井涼暉
失礼します。3回生の川井です。
今回の新歓合宿は幹部としての参加でした。初々しい1回生を見ていると、2年前のことが思い出されます。
忘れかけていた入部当初の思いや意気込みを再認識し、それを残りの幹部生活に是非とも活かしていきたいと思いました。

1回生は、この新歓合宿より本格的に練習に参加することとなります。
それぞれが目標をしっかりと持ち、日々の練習に励んでいってもらえたらなと思います。
また、2回生は後輩ができたことにより、これまで以上に成長していくと思います。幹部もそれに負けないよう、精進してまいります。
まだまだ新体制として始まったばかりですが、引き続き第63代空手道部を宜しくお願い申し上げます。
以上です。失礼します。


第64代 橋野優次
失礼します。
2回生の橋野です。
今回の新歓合宿では、1回生たちと交流し、また教える立場になったことを自覚する合宿であったと思います。入ってきてくれた1回生は経験者も多く、教えてもらうこともたくさんあると思いました。いままで先輩方に教えてもらったことを伝えていきながら自分にも還元できるいい時間になったと感じます。これから第63代滋賀大学空手道部をともに盛り上げていけるように頑張りたいと思います。
以上です。失礼します。


第65代 高岡孝太
失礼します。1回生の高岡孝太です。
5月8日から5月10日の3日間、新歓合宿がありました。
合宿では、基本を一から丁寧に教えて頂きました。今回基本を教えて頂いたことは、大学から空手を始めた人のためだけでなく、経験者にとっても自分の空手を見直すことのできる非常に良い機会となり、改めて基本の大切さを実感しました。
怪我には十分に気を付けながら、今回の合宿で先輩方から教えて頂いたことをしっかり意識して、これからの日々の練習に一生懸命取り組んでいこうと思います。
以上です。失礼します。

<関西学生空手道個人選手権大会>

第63代 刑部 真依

      

失礼します。三回生の刑部真依です。
今回は11月以来の久々の大会でした。
結果は0-1で負けてしまいましたが、試合中は前のように緊張しっぱなしではなく冷静に考えられるようになりました。自分の足りない部分を分析し次の目標を定めて来月の団体戦に活かしたいです。
また大会にもよりますが、やはり蹴りは点が取りやすいと感じたので、これからは抱え上げの速さを追求していこうと思います。
以上です。失礼します。

第64代 仲田 利輝

 

失礼します。2回生の仲田です。
今回の関西個人は特に2回生にとっては去年の1年間でどれだけ試合で通じるようになったのかを確認できる大会になったと思います。僕個人としては今回の試合で「ポイントを取れた」ということが一番大きな収穫でした。しかし、1つのことにしか気を回せないというのが出てしまった大会でもありました。試合ではどんな技を相手が出してくるかわからないのでそのすべてに反応できるようにしていきたいです。
また、形では組手で膝を怪我してしまったのはありますが緩急、キレなど形に必要なものが全く出来なかった試合となりました。今回のことを踏まえながら5月の初めに滋賀県大会があるのでそれまでにしっかりと調整して自分の全力をぶつけていきたいと思います。
以上です。失礼します。

 

<春合宿>
第63代 友山 大二朗
失礼します。2回生の友山大二朗です。
今年の春合宿は滋賀大学で行い、新幹部になってはじめての合宿でした。
個人としてはたくさんの課題が見つかった合宿となりました。
技の入り方や先の先、後の先など今まで練習してこなかった練習をやり、今後の試合に今回の合宿で学んだ技を出せるようにしていきたいと思います。
全体としてはまだ練習の雰囲気や盛り上げが足りないので、部員全員が声を出せる環境作りを幹部が中心となってやっていけるようにしたいです。
合宿は終わりましたが気持ちを切らさず、今後の大会や全国公に向けて63代一丸となって頑張っていきたいです。
以上です。失礼します。
第64代 櫻井綺乃
失礼します。一回生の櫻井です。
3/13日から3/15日までの三日間で春合宿が行われました。
合宿では1日目には基本を、2日目には山田先輩が来てくださり体力測定をしました。3日目は組手中心に練習しました。
自分に足りないことと現在の自分の状態がわかりとても有意義に過ごすことが出来ました。
今まで漠然と組手をしていましたが先輩方にアドバイスを頂き、何を考えて組手をすればいいか少しわかってきました。
今回学んだことを意識してこれからの練習に取り組みたいと思います。
以上です。失礼します。

<昇級・昇段審査>

 

第63代 樋ノ内健吾

失礼します。
二回生の樋ノ内健吾です。
今回は僕自身三回目の審査でした。
前回はセイエンチンで受けたので
今回は三戦とセーパイで受けました。
個人的な反省としては、セーパイの動作において細かい意味を認識しきれなかったことが挙げられます。また組手に関しては、緊張してしまい攻めの姿勢を維持しきれませんでした。
今後は反省点を生かして、練習に取り組みたいと思います。
また、審査後は連続基本の講習会が行われました。
普段練習してる時では教えてもらえない細かい部分まで教えてもらい、良い刺激になったかと思います。今後も今回指導していただいた点を意識して練習に取り組みたいです。
以上です。失礼します。
第64代 田代 遥
失礼します、1回生の田代です。
今回の昇給昇段審査は、自分にとって二回目ということもあり、前回と比べ落ち着いて型をすることが出来ました。
午後からの技術指導では、基本が出来ていないということを何度も指摘されました。特に1回生は、普段の練習をしている時から、その知識、経験が浅いと感じます。
これから後輩に指導する立場として、正しい基本を身につけ、残していけるようにしたいです。そのためにも、今回指導して頂いたこと、普段先輩方に指導していただいていることを確実に行えるようにします。
以上です、失礼します。

 

<寒行>

第62代 井上裕香

失礼します。3回生の井上です。
今回の寒行は、小雨がぱらつく中でのものとなりました。波も高く、厳しいものだったかと思われますが、選手一同たくましい姿を見せてくれました。ここでも、選手たちの1年間の成長が垣間見えたのではないかと思います。主催者として迎えた今回の寒行ですが、たくさんの方にご協力頂いて行っているものだと深く感じました。主務としての最後の仕事を無事に終えることが出来、感謝しております。
これで、私達62代は引退となりますが、本当にたくさんの方にお世話になり1年間を終えることとなりました。私自身も、成長した1年であったと感じています。まだまだ未熟な私達を支えて頂き、ありがとうございました。ここからは、63代が頑張ってくれると思います。至らぬ点はあるかとは思いますが、引き続き、ご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします。
以上です。失礼します。

 

 

第63代 谷村美紀
失礼します。2回生の谷村です。
今年の寒行は、昨年に比べ波も高く、天候が悪い中での実施となりました。昨年、初めて寒行を体験した際は、好天に恵まれ、また波も穏やかでしたが、今年は本当に辛いものとなりました。
しかし、今年度は部員数も増え、非常に活気ある中で、みんなで気合を出して乗り切ることができました。水中で円になって突くときも、寒さと波で何度も体が浮きそうになりましたが、周りの気合を聞いて耐え抜くことができました。今回の寒行で得た経験を今年1年忘れずに過ごしていこうと思います。
以上です。失礼します。

 

第64代 櫻井綺乃

失礼します。1回生の櫻井です。

今回は入部して初めての寒行でした。準備をしている時から風が強く雨も少し降っていたので湖に入ることを考えると不安でしたが、先輩方が気合いや態度で引っ張ってくれたので乗り越えることができました。気持ちを新たに春からの練習も頑張っていきたいです。
先輩方との1年間を思い出すと共に空手のことだけでなく礼儀など様々なことを教えて頂き感謝でいっぱいです。春からは先輩という立場になり、再来年は私も幹部になるのでその自覚を持って行動していきます。

以上です。失礼します。