<夏合宿>

 

失礼します、3回生の仲田です。今回の合宿も昨年と同じように和歌山大学、大阪府立大学、滋賀大学の3校合同合宿でした。他大学の練習をさせてもらえる貴重な機会でした。そのなかでもすぐに自分達でも使える練習もあり、それはしっかりと採用させてもらい、これからの試合に向けて自分達だけの練習の中でもやっていこうと思います。合宿自体は試合が多いものでした。僕自身、ある課題を少しでも改善しようと挑んだ合宿で、多くの試合のなかで少しではありますが改善出来たように思います。多くの刺激、課題等をもらうことが出来た、達成感のある合宿でした。以上です、失礼します。

 

 

 

失礼します。二回生の福江です。今回の夏合宿では、全国公までに使えるようになりたい技、磨きたい技をはっきりと認識することができました。普段一緒に練習しないような相手からアドバイスを貰い、今まで気がつかなかった自分の問題点等を発見することができ、非常に有意義な夏合宿となりました。今回得たものを確実に自分のものにして全関団体や全国公へ向けて練習に励みたいと思います。以上です。失礼します。

 

 

 

失礼します。1回生の安澤です。今回和歌山大学、大阪府立大学との合宿に参加しました。今回の合宿では、組手での相手の突きや蹴りを待ちすぎて自分から攻めることができないという自分の弱点を克服することを目標にしていました。先輩方のアドバイスや他大学との組手練習でその弱点を少しは克服することができました。しかし、また新しい弱点が見つかりました。これからは夏合宿での経験を生かしつつ、新たな弱点の克服をして、団体戦のメンバー入りを新たな目標に頑張りたいと思います。以上です。失礼します

 

 

 

<関西オープン>

失礼します。三回生の田代です。
今大会では、私立大との戦いで臆することなく技を出すことができ、得意技を決めることができ、個人としては大きな収穫を 得ることができました。ただ、まだ課題となる部分があるので、今後はその修正をしつつ、さらに技を磨きたいです。残すは、全関団体、全国公と、団体戦のみ なので、チーム全体の士気を上げられるよう、残された時間で幹部としてできることをやり切りたいです。以上です。失礼します。
失礼します。2回生の高岡です。
今回の大会では少し力んでしまい、自分の力を出し切ることができずに負けてしまいました。
まだまだ練習が足りていなくてできてないこともあったり、他大学の選手の試合を見ていて発見できたこともあったので、今後の練習でしっかり修正・習得していき、このあとの全関団体や全国公に繋げていきたいと思います。以上です。失礼します。
失礼します。一回生の岩崎です。組み手における改善したい点が二つあります。一つ目は、相手の攻撃直後に反撃できるよう になることと、二つ目は、自分の攻撃パターンを確立することです。これからの練習において、一つ目は前へ進みながらの突きの反復練習をします。二つ目は、 自分の中での得意技があるのでそれに繋げられる攻撃パターンを考え、実戦練習で試し続けようと思います。残り約2ヶ月にせまった全国公までは、広く浅くよ りも、深く狭くに絞った練習を心がけるようにします。以上です。失礼します。

 

 

<正剛館>

失礼します。二回生の北垣です。今回の大会は、昨年行われた、西日本の正剛館と同じく、優勝を目指して練習に取り組んできました。今回は前回と違い、態勢を崩すようなことはありませんでしたが、昨年に続き、入賞出来なかったことが非常に残念に思います。また、今回の大会でバッサイダイなど糸東流の形を中心に練習するのではなく、セーパイやクルルンファなど剛柔流の形を中心に練習していかないといけないと感じました。さらに、今回の大会で勝てないと全国公に通用しないと思います。しかし、今回は、2回戦で当たった人が優勝しましたが、その人以外なら勝てると思えた試合だったので、来年こそ優勝してみせます。

以上です。失礼します。

 

 

失礼します。一回生の岩崎です。半期の締めくくりとして、正剛館大会に出場しました。結果は準優勝となり、クルルンファを4回もやらせてもらいました。決勝では0-5で負けてしまい、戦った相手も自分と同じ形をしていました。私は同じ段外でありながらも相手選手の完成された形を見て、実力の差を感じました。今後の練習の取り組み方としては、先輩から頂いたアドバイスを自主練などで補い、その成長した姿を見せる場が全体練習だと思うことで一回一回の練習に課題を見つけ1つでもクリアいくことを心がけようと思います。以上です。失礼します。

 


 

<滋賀県民大会>

 

 

失礼します。三回生の梶本です。今回の試合では、対戦相手の組手を何度か見たことがあったので、この技をどう攻略するか、どう攻めるか、どうしたら勝てるか、をひたすら考えて練習しておりました。また、色々な先輩が練習に来てくださったので、アドバイスを沢山頂きました。そうして臨んだ大会で、考えていた自分の技が決まった時はとても爽快でした。しかし、決勝戦、完全におされて負けてしまいました。今回の大会で私が思ったのは、「勝てるビジョンをもつ」ことが勝利につながるということです。当日、アップや少年男子組手を見て、勝てるイメージをし、その気合いで臨んだことが、勝利に繋がったと確信しました。夏からまた沢山の試合を迎えますが、勝てるビジョン、気迫、そして勝てる戦略を明確にしどれも全力で挑んでいきます。以上です。失礼します。

 

 

 

失礼します。二回生の福江です。

 

今回の滋賀県民大会では、自身が挙げている問題点や先輩方に指摘していただいている問題点が改善されておらず、惨敗してしまいました。前回問題としていた蹴りのコンビネーション技を出すことは出来ましたが、今回の試合内容は非常に反省すべきものでした。今回の夏期長期オフを利用して、体力筋力アップや地元の空手教室に行くなどして一から自分の空手に向き合い直し、相手との間合いの駆け引きや中段突きのカウンターなどを身につけたいと思います。

 

以上です。失礼します。

 

 

 

失礼します。一回生の大賀です。

 

今回の大会では、準優勝にはなりましたが、決勝戦の相手とは力の差が歴然であり、自分の課題や未熟さが顕著に現れた試合でした。

 

今回得られた課題を夏の長期OFFの間に自主練をし、全国公までに直したいと思います。以上です。失礼します。

 

 

 

 

<陵空会>

 

 

 

失礼します。三回生の仲田利輝です。

 

今年度の陵空会では、初めて総会から参加させていただきました。先輩方から様々な質問が出ましたが、どれも現役である私たちのために話をしてくださっていました。こんなにも考えてくださっている先輩方がいらっしゃるのか、と総会から感じました。演舞会では、私が1回生のときから参加している中で最も多くの先輩方が参加してくださりました。団体形の演舞ではこれまで以上に練習した甲斐もあり、しっかりとした形を打つことができ、それを先輩方に披露出来たのは主将としてうれしい限りです。現役vsOBでも私が経験した中で最も熱いものでした。結果としては先輩方に負けてしまったので、来年こそ勝って終わりたいとおもいます。懇親会でもこれまでにない盛り上がりがあったと思います。先輩方のご協力で私が主将の代にこれだけ華やかな会にすることができました。本当にありがとうございました。来年度、回生挨拶のときに趣味は空手ですと即答できるぐらいに残りの部活を有意義なものにします。最後になりましたが、OBOGの先輩方、平成30年度陵空会へのご参加本当にありがとうございました。来年度はもっと多くの先輩方のご参加をお待ちしておりますので、是非御誘いあわせの上、ご参加、よろしくお願い致します。これからも滋賀大学空手道部をよろしくお願い致します。以上です、失礼します。

 

 

 

失礼します。二回生の福井です。

 

先日のOB会への沢山のご参加、誠に有難うございました。私自身2回目の参加となりましたが、昨年とはまた雰囲気が違い非常に良い経験となりました。初めてお会いした先輩方も多々いらっしゃいましたが、気さくに話しかけて下さる方々ばかりで私たち現役部員としても楽しい演武会・懇親会となりました。来年度の幹事は我々現二回生です。次期幹部として将来を見据えて今後とも先輩方から学び、行動に移していきたいと考えております。以上です。失礼します。

 

 

 

失礼します。一回生の岩崎巧実です。

 

初めての陵空会で緊張しましたが、先輩方との練習では気迫を直に感じ、いつもよりも全力で思い切りのある練習をする事ができました。僕が空手部に入った理由は自分が勝ちたいと思える気持ちをぶつけることができる先輩方と練習することができる環境が空手部にはあったからです。そして、今回の陵空会を参加して、そのような思いは現役部員のみならず、今までの先輩方の思いの積み重ねがあったからこそだということに気が付きました。OBの先輩方の期待に応えるためにも、これからも勝つことを目標に、そして後輩として何が出来るかを常に考え、率先できるように頑張って行こうと思います。以上です。失礼します

 

 

 

 

 

<滋和戦>

 

 

 

失礼します。一回生のニマです。

 

今回の和歌山大学さんとの懇親会で型しか参加できませんでしたが、色々なことを学びまして、空手をもっとわかるようになりました。特に組手で相手を突くのタイミングとその突きの後手を引くの重要性です。オランダでこのような経験をしたことありませんので参加していただいたことありがとうございます。この懇親会は私の留学を非常に向上しました。大切な経験を絶対に無駄をしません。以上です。失礼します。

 

 

 

失礼します。2回生の高岡です。

 

今回の滋和戦は滋賀大学にて行われました。団体形は、良かった点や改善する点などが確認できたと思うので、OB会に向けて一週間という短い時間ですが、今回確認できた点を意識して練習していこうと思います。団体組手では接戦となりましたが、43敗で勝利することができました。接戦を制することができたのは、一人一人が全力で試合をし、応援のときはチーム全体が一致団結し全力で応援をして、チームの士気を高められたからだと思います。また懇親会では、先輩後輩関係なく楽しく話をして、両大学ともに交流を深めることができました。今後も滋賀大学、和歌山大学ともにお互いを高め合っていきたいと思います。以上です。失礼します。

 

 

 

失礼します。三回生の田代です。

 

今回の滋和戦の団体戦は昨年度に続き、二度目の出場でした。また、自分にとって、昨年倒せなかった相手へのリベンジ戦で もありました。結論から言えば、団体としては勝利することができたものの、個人としては、勝利することはできませんでした。しかし、昨年度は完敗だった相 手から、四点を奪うことができ、その中でも、得意技を綺麗に決められたことは大きな収穫となったのではないかと思います。この勢いを保ち、夏合宿では倒せ るよう今後の練習に励みます。また、今回幹部として滋和戦の準備、運営を行い、審判の先生方や、OBの方々、体育会の方々など、様々な人々のご協力があって、この大会が成り立っているのだと感じました。暖かいご指導、ご声援、ありがとうございました。今後とも部員一丸となり頑張りますので、よろしくお願いします。以上です。失礼します。

 

 

 

<滋賀県大会>

 

 

 

失礼します。二回生の北垣です。

 

今回の大会では、春合宿などで得た経験や技術をできるだけ活かすことができるように努力しようと臨んだ大会となりまし た。しかし、結果としては非常に悪いものでしたが、その中で自分に足りないものや成長したと思えた点があり、翌週に行われる滋賀県大会で活かすことができ るように、日々の練習の中で意識をして取り組みたいと思います。

 

特に、相手が攻撃をして来るタイミングが日々の練習の成果として分かるようになって来ましたが、その反面、身体を思っているよりも動かすスピードが遅く、反応速度が悪いということが分かりました。今回の結果を踏まえ、これからの大会で活躍できるように頑張ります。以上です。失礼します。

 

 

 

失礼します。三回生の内垣です。

 

本日、滋賀県立武道館にて、滋賀県大会に出場しました。今大会での自分の目標は中段突きでポイントを取ることでした。た だ、中段突きを狙いすぎるあまり、待ちの組手となってしまい、自分から技を出すことがあまりできなかったので、ビデオなどを活用して自分に何が足りないの か、考えつつ今後の練習に臨んでいきます。以上です、失礼します。

 

 

 

 

 

<全関個人>

 

 

 

失礼します。二回生の北垣です。

 

今回の大会では、春合宿などで得た経験や技術をできるだけ活かすことができるように努力しようと臨んだ大会となりました。しかし、結果としては非常に悪い ものでしたが、その中で自分に足りないものや成長したと思えた点があり、翌週に行われる滋賀県大会で活かすことができるように、日々の練習の中で意識をし て取り組みたいと思います。

 

特に、相手が攻撃をして来るタイミングが日々の練習の成果として分かるようになって来ましたが、その反面、身体を思っているよりも動かすスピードが遅く、反応速度が悪いということが分かりました。今回の結果を踏まえ、これからの大会で活躍できるように頑張ります。以上です。失礼します。

 

 

 

失礼します。三回生の田代です。

 

今回は今年度初の大会でした。オフ明け初の試合でもあり、実際の試合では組手の感覚が少し抜けていると感じました。今回得た反省点は、上段蹴りに対する ガードが弱い点と、相手のステップに惑わされる点です。特に、後者は足が反応できない状態になってしまい、詰められた時にうまく間合いを取ることができま せんでした。今回の反省を活かし、今後はステップの改善、下半身筋力の強化をし、9月の関西オープンでは、まず一点取れるようにしたいです。以上です。失礼します。

 

 

 

<春合宿>

 

 

 

失礼します。一回生の高岡です。

 

今回の春合宿は、和歌山大学さんと富山大学さんとの合同で行われました。普段と違う相手と練習・試合ができたので、突き方や蹴り方、練習方法など、多くのことを学ぶことができました。今回学んだことをしっかりとこれからの練習の中で身に付けていきたいと思います。また今後も他大学と練習する機会があるときは、できるだけ参加してより多くのことを学び、身に付けていきたいです。以上です。失礼します。

 

 

 

失礼します。二回生の梶本です。

 

今回の春合宿は、和歌山大学や富山大学の方々と合同で練習することができました。お互いが、練習メニューを作ることで、今まで知らなかった練習メニューをこなすことが出来ました。また、他大学に負けている点を日々痛感することで、練習意欲がいつもより増して、よい練習雰囲気に繋がったと思います。合宿を経て学んだフェイントや、ステップからの突きを合宿だけで終わらず、これからの練習メニューにも取り入れることで、試合で一部昇格という目標を達成します。以上です。失礼します。

 

 

 

<昇級審査>

 

 

 

失礼します。1回生の北垣です。

 

今回は、空手道部に入部して2回目となる昇級・昇段審査でした。私は、全体的に練習を含め、今までの中で一番良い動きが出来たと思っています。これは、2回生・OBの先輩方や同回生の部員から、日々の練習の中で細かい点までしっかりとご指導、ご指摘して頂いたからこそ、納得のいく形や組手が出来たと思います。形では、動きを覚えるだけでなく、形をやってきた経験者として、緩急や足の運びなど注意された動き以外に自分自身へ課題や意識する部分を作り、日々、細かい点まで意識して練習して来ました。組手では、3月に入ってから、苦手で下手だった突きの動きが少しずつ形となって来ているので、この調子で試合でも通用するような突きを目指し、より技術を向上させます。以上です。失礼します。

 

 

 

失礼します。二回生の田代です。

 

今回の試験では、初段を受けました。形と約束組手では、練習中指導されたことを思い出し、一つ一つの動作を意識しながら行うことができました。しかし、頭の中で思い描いている姿に近い動きはまだできていないと感じています。部活で形をするなら、何か一つでも身につけてやり切りたいので、今後も、思い描いている姿に近づけるよう練習したいと思います。

 

以上です。失礼します。

 

 

 

<寒行>

 

 

 

失礼します。1回生の高岡孝太です。

 

今回、私は初めての寒行でした。やる前は最後までやり切ることができるか心配でしたが、最後まで体調を崩さずに終えることができました。また今回の寒行は、刺すような寒さの中で行われ、とても辛かったのですが、苦しい中でも耐え抜いて1つのことをやり切るという自信の一つになったと思います。今年は各大会で昨年よりも多く勝てるように、この寒行を活かして、一年間頑張っていこうと思います。以上です。失礼します。

 

 

 

失礼します。2回生の内垣です。

 

今年は昨年度とは違い、太陽が見えたり、風も穏やかだったかと思います。それでもいざ入水すると、足の感覚が無くなり、声は震えたりと、とても辛かったのですが、部員全員が気合いを出し何とか乗り越えることが出来ました。来年度から自分たち64代が幹部として空手道部を引っ張って行きます。部員それぞれが目標を持ち、達成出来るような環境を作り、空手道部をさらに盛り上げられるようにしていきます。1年間よろしくお願いします。以上です、失礼します。

 

 

 

失礼します。3回生の樋ノ内健吾です。

 

今年の寒行は去年よりも穏やかな波のもとでの開催となりました。午後は雨の予報があったのですが、天気が崩れなくて良かったです。毎年のことですが、寒行は幹部生活の終わりと次代の始まりを感じさせる、非常に身の引き締まる行事だと改めて実感しました。

 

次代の幹部たちは、気を引き締めて一年間頑張って欲しいと思います。以上です。失礼します。